lgbt-words


セクマイ用語まとめ


このページでは、セクマイ・LGBTコミュニティでよく使われるセクマイ用語をまとめています。
これからも随時更新していく予定です!最新情報はガールズラブのTwitterをチェック!




【あ行】


アセクシュアル(無性愛)
他者に対して恋愛感情や性的欲求を抱かない人や、恋愛感情はあるけれども性的欲求を抱かない人のこと。Aセクシュアル、または略してAセクという言葉が用いられることがあります。また、恋愛感情はあるけれども性的欲求を抱かない人のことを、ノンセクシュアル(非性愛)とし、アセクシュアルと区別することがあります。


インターセックス
身体的な性別が男性や女性として単純には分類できない状態である人のこと。


LGBT
L(レズビアン)、G(ゲイ)、B(バイセクシュアル)、T(トランスジェンダー/性同一性障害含む)の頭文字。LGBTの他にも様々なセクシュアリティがあります。




【か行】


カミングアウト
打ち明けること。セクマイのコミュニティで使われる際は、セクシュアリティを打ち明けることを指します。「カムアウト」「カム」と略されることもあります。


クィア
元々は「変態」などを意味する蔑称として使われていた言葉。現在では多数派とは異なる性のあり方やそのような生き方をする人の自称として使われています。


クエスチョニング
セクシュアリティを迷っている人、セクシュアリティを探している人、あえて自分のセクシュアリティを決めずに生きる人などを指します。
【関連記事】クエスチョニングとは?


クローゼット
自分の性的指向やセクシュアリティを公開しないこと、またはその人。




【さ行】


ジェンダー
社会的な性。社会から割り当てられた性のこと。男らしさ、女らしさといった言葉で表現され、生物上の雌雄を示すセックスと区別されます。


ジェンダーロール
性役割。性別によって社会から期待される役割。文化や国・地域によって期待される役割は異なることがあります。


シスジェンダー
生まれた時に割り当てられた「生物学的な性別」と「性自認」が一致していること。


ストレート
異性愛者のこと。


ストレートアライ
身体的性と性自認が一致し(シスジェンダー)でヘテロセクシュアル(異性愛者)の人が、人権の平等化や男女同権およびセクシュアルマイノリティの社会運動の支援を行ったり、ホモフォビアに異議を唱える人々のこと。


性自認
「自身がどの性別に属しているか」という自己の認識。心の性。


性的指向
恋愛・性愛の対象となる性。


生物学的な性別
身体的特徴や性染色体などから判断される性別(セックス)。生物学上の雌雄を示します。


セクシュアリティ
性のあり方に関するあらゆることを指す言葉。例えば、生物学的な性別、性自認、性的指向、ジェンダー(社会的な性)、性的嗜好、生殖・・・などの様々な概念が含まれています。


セクマイ
セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の略。LGBTなどの多様な性を生きる人々を表す言葉。




【た行】


ダイク
元々は差別語として使われていたが、レズビアンの自称としてあえて使われ始めた言葉。軽蔑のニュアンスを逆手にとって、政治的抵抗やエンパワーメントの意志を示すために用いられることもあります。
【関連記事】GL的用語解説 What is “DYKE”?


ドラァグクイーン
「女性のパロディ」として、派手なメイクや衣装をまとってパフォーマンスを行う人のこと。


トランスジェンダー
「割り当てられた性」 (他者によって、身体的特徴などに基づいて男性か女性かに識別される性) とは違う「性自認」の状態にある人のこと。




【な行】




【は行】


パンセクシュアル
男女の性に当てはまる人だけでなく、あらゆるセクシュアリティの人に恋愛感情を抱いたり、性的欲求を抱いたりする人々(全性愛者)のこと。


ビアン
レズビアンの略称。


プライドパレード
性について多様な考えを持つ人々が、政治的なアピールや差別・偏見をなくすことなどを目的に行うパレード。


ホモフォビア
同性愛や同性愛者への否定的な価値観のこと。


ポリアモリー
交際する相手や親密な関係を一人だけに限定しない可能性を持ち、全員が全ての関係に合意している上で恋愛関係を結ぶことを指します。




【ま行】




【や行】




【ら行】


レインボーフラッグ
セクシュアルマイノリティのコミュニティの多様性を象徴する6色の虹の旗のこと。
【関連記事】レインボーフラッグだけじゃない!セクシュアリティを表すフラッグ特集★


レズビアン
女性同性愛者のこと。性自認(心の性)が女性かつ、性的指向(恋愛対象)も女性である人を指します。




【わ行】




最終更新日:2017年1月25日


Girrls∞Luv! WEBマガジンtopへ戻る